校長室だより

校長室だより

今年度末最終評価をいただきました(学校評価懇話会)

懇話会テーマは「正常化した学校行事を体験して」です。

全日、定時制生徒会関係、日々学校内で光り輝き、活躍している生徒に参会願いました。

評議員さんを含めて熱心な協議が行われました。

 

会の終了後も生徒間同士、全定のコラボや協力体制の下、行事を盛り上げたいと、話し

合いを続けていました。

学校評価や完成したシステムシートはこの後HPに掲載します。

令和5年度第3学期始業式講話より

令和5年度第3学期始業式講話

 

 皆さんおはようございます。(定時制課程向け:こんばんは)新たな年を迎えることができました。生徒の皆さんにおいては、大きな事故の報告もありませんでした。各々が家族や親戚、友人らと楽しく年越しを過ごされたことと思います。

 元日には北陸(石川県を中心に)で大地震が起きましたが、未だ行方不明者が多数いらっしゃいます。亡くなられた方も三桁を超え、令和始まって以来の大震災となりました。また、連続して航空機事故も発生しました。自然の猛威の中で人間はちっぽけなものと思いましたし、命を大切に生きていきたいと感じました。お悔みを申し上げるとともに、亡くなられた方々の御冥福をお祈りしたいと思います。皆さんも心の中で祈ってください。また、いつ何時この関東地方にも自然災害が起きるかわからないという危機感を常に持ち、日ごろの学校生活を真面目に行いながら、過ごしていっていただきたいと願っています。

 さて私は、年末にある本屋に立ち寄り、ベストセラーのコーナーから『リセットの習慣』という本に出合いました。皆さんは「自律神経」というワードはご存じだと思いますが、自律神経をくくって考えるには「交感神経」と「副交感神経」があることをまず覚えてください。「交感神経」とは、自分で、自分の意志で動かすことのできるもの(手・足・口)です。反して「副交感神経」とは、自分の意志では動かすことのできないもの(血管や内臓)などです。

 簡単に言えば「交感神経」は車のアクセルペダルのようなものであり、運動をしたり、緊張したりするときに高まるように出来上がっています。一方、「副交感神経」は車のブレーキのようなもので、リラックスしているときに優位に働くものです。

 皆さんの生活の中で、朝起きてから一日を始めるため活発になる、「活動モード」と就寝に近づき、体を休めリラックスに向かうため活発になる、「休息モード」の両者の割合などが狂い、体調が悪く、精神が安定しないことはありませんか?起床時間になっても起きない、就寝時間になっても寝付けない。夜にスマホやゲームに没頭しすぎたり、昼夜逆転していたり、起床し、「交感神経」が稼働できずにいる。また、夜中に体を休めるべき時間に活動をしていることが多くなると、当然「副交感神経」が優位に働きません。そのように人間の体は出来上がっているのです。最高の力を最適な場所や時間帯に発揮できるのは、まさにこの2つの神経が、体内で上手く働いているからなのかと思います。

 人の身体は、流れに乗ることは得意であり悪循環に遭遇するようにできているのです。

 一方で、流れを変えるのはとてもは苦手なのです。

 

〇アフターコロナで変えたい流れとは(実践をもとに)

 体調がすぐれない、なんとなく元気がない、学校に行きたくない、友達と交わることも特に楽しくない、勉強や部活動に身が入らない。 → 悪循環=欠席過多、不登校

 ・戻そうという気持ちから、新たに始めること(強めに自分にリセットをかけること)

  なんとなく続けていることから、思い切って変えてみることが大切なのです。

 (例)本書を参考にし、自分なりに行っているリセットは以下の通りです。

    ・新しい朝の習慣をつくる。(交感神経を向上させ活動的に)

      散歩、湯沸かし、朝食の用意、着替え順をつくる

    ・プラスワンを試す。(自分から相手にアプローチ)

      いろいろな方々への声掛け(店員さん、運転手さん)、感謝の意

    ・一日の流れをイメージする。(就寝前なら次の日の行動を考えて)

      電気を消す前に(主にウオーキングの経路、会議、発言、原稿)

    ・ゴールではなくスタートを目指して生きる。(進路決定、合格、その後4年間)

      退職後に向けたイメージづくり、思い切った断捨離

 なんとなく自律神経について把握できる本書を、機会あったら流し読みしてみるのも良いのではないでしょうか?人間とはホントにちっぽけな存在でありますが、精神的にもろく、自分でよい流れを遮断している人がほとんどです。リセットしながら、神経の流れを良い方向に向けてください。

 本書はリセットの方法について項目をたてて多く紹介しています。

 残り少なくなった令和5年度を有意義に過ごすために。自己の進路を切り開いていくために。

 今、小項目の変化をつけながら生活してみることはいかがでしょうか。

                      以上で始業の講話(挨拶)を終わりとします。

 

※(参考文献) 小林 弘幸 氏  『リセットの習慣』(日経ビジネス文庫)

令和6年始動

新年あけましておめでとうございます。

元日に北陸にて、大型の地震がありました。被害に遭われた方々には、お悔やみ、お見舞い申し上げます。

令和6年、辰年、天にも昇る勢いで学校を活性化させていきます。そして、地域の方々から信頼を得て、『埼玉に上尾高校あり』を体現します。生徒が生き生きと成長するにするには、教職員の弛まぬ努力が必要です。地に足をつけ、全員が思う存分活躍できるよう、所属長として地ならしをしていきます。

 

どうぞ今年も上尾高校をご贔屓に、宜しくお願い致します。

皆さんの御健勝、御活躍を、心よりお祈りいたします。

 

令和5年度第2学期終業式講話より

令和5年度第2学期終業式講話

 

 皆さんおはようございます。(定時制課程向け:こんばんは)令和5年もあと少し(数日)を残すばかりです。様々な出来事を思い返しながら、新しい年を迎える準備をしていただければと思います。

 さて、令和6年(2024年)7月3日は何が行われる日でしょうか?
 20年ぶりに、お札(紙幣)日本銀行券の図柄が変更となります。

 千円札は、破傷風(世界中の土などの環境に存在します。土などで汚れた傷(きず)から、破傷風菌芽胞が入り込み、傷のなかの酸素のないところ(嫌気状態)で菌が増え、毒素を出す恐ろしい病気です。)を予防・治療する方法を開発した微生物学者で、「近代日本医学の父」と呼ばれている北里柴三郎を肖像に採用することになりました。柴三郎は、「医者の使命は病気を予防することにある」と確信するに至り、予防医学を生涯の仕事とする決意をしました。

 五千円札は、津田梅子(津田塾大学の創設者)アメリカ生活の中から、女性の地位に大きな差があることに衝撃を受け、奨学金制度や「女子英学塾(現在の津田塾大学)」を創設し、日本の女性の地位向上に尽力しました。当時の日本には、女性が高等教育を受ける機会はほとんどなく、自立にはほど遠い状況だったようです。

 そして一万円札はご存じの通り埼玉県にゆかりのある渋沢栄一です。会社設立や、大学の創設、慈善事業に従事した渋沢栄一の偉業については時間の関係上、この場でお話はしませんが、今回はこの3名を代表し、渋沢栄一の「欲を持つこと」について触れたいと思います。

 その前に、この3名に共通することとはいったい何でしょうか?答えは、広い視野を持っていたこと、海外の現状を日本に照らし合わせ、いかに日本の発想や現状が遅れをとっているのかを、早期に見抜いたことではないでしょうか。

 また、様々な挫折の中から自己の方向性を見出し、研究と修養を実践したところも同様です。

 渋沢栄一の人生は挫折と波乱万丈のものでした。

 挫折①

 元々は尊王攘夷派(天皇を敬い、外国人を日本から追い払う)の志士だったのに、若気の至りのクーデター(高崎城を乗っ取って幕府を倒す)に失敗して徳川慶喜に仕えることになった。

 挫折②

 第二のキャリアがスタートしたと思ったら、大政奉還(徳川慶喜が朝廷・明治天皇に政治をする権限を返還した出来事)でそこから先のキャリアが望めなくなった。

 挫折③

 明治政府で第三のキャリアがスタートして大蔵省のナンバー2まで上り詰めたものの、トップとぶつかって辞職することになった。

 渋沢栄一が度重なる挫折にもかかわらず、日本の経済力を高めることに貢献できたのは、未来を信じることができたからともいわれています。こうあるべきだ、こうありたいという野心に燃えていたからなのでしょう。

 

無欲は怠惰の基である

 

 欲がないのは現状に甘んじ、何も課題を見出さず、ただ受け入れている状態であることを、渋沢栄一は説いています。

 欲望を正しく使うか、悪く使うか、使い方によっては争いが起きる。渋沢栄一のみならず、前述した2人も同様、官尊民卑(政府が絶対で民間を見下す差別的な思想)の時代背景があった中、世の中をもっとよくしたい。世の中の人のために尽くしたい。民間の活力を向上させたいという大きな欲が、功績となって生まれたのだと思います。

 皆さんも是非現状に満足することなく、新たなステージ(学年があがる、卒業する、上級学校に行く、就職する)で幅広い分野で力を発揮することを、心より期待しています。

最後に

学問は一種の経験であり、経験はまた一種の学問である

                              渋沢栄一「学問と教育」より

 

 経験によって得られる理解は不可欠です。どんな時代でも、机上の理論だけでは太刀打ちできません。行うことはすなわち学ぶことです。

授業公開及び第2回学校説明会 お世話になりました 御参会に感謝いたします

本日は午前中が授業公開、午後は学校説明会が開かれました。

沢山の受検生の皆さん、学検まで残り102日を切り、徐々に勉強の分量も多くなり、ペースもあがってきているのではないでしょうか。親子で一生懸命話に聞き入る姿は、とても新鮮でした。

 

 本日のメニューは...

 1 オープニング 演劇部・吹奏楽部

 2 進路状況説明 進路指導主事

 3 学校説明   生徒会役員

 4 入試説明   教頭

 5 エンディング 筝曲部

 

 その後、希望者の方に対し、個別相談が行われました。

  

  

  

 次回は1月13日(土)です。皆さんを全力で応援させていただきます。

 是非申し込み、御参加いただけることを楽しみにお待ちしています。

 本日はお世話になりました。

 

 

開催されました 未来学び研究授業

地歴公民科の岡田教諭(マイスター)における研究授業・授業公開が行われました。

教育局関係、東京大学、県内の先生方の熱心な視線と参観の下、「政治経済:国民所得と経済成長の講義が、生徒のグループ活動をメインに行われました。

   

  

メイン課題として

 

 〇国の豊かさを基準として考えられるものを、挙げてみよう。

 〇あなたにとって豊かな国はどんな国ですか。

 

各グループで話し合い、考えたものを付箋紙に起こして、重要度の高低で貼り出してみました。

若者らしい発想があふれ、参観者の皆さんも納得されていました。

これからは総探も含め、是非外部と連携しながら、学んだことを外部発信(アウトプット)できる能力が必要です。自ら考えているだけでなく、伝えること、意見を言うことで、知識定着が何倍にもなるのです。

3年生のこの時期になっても、斜に構えたり協調性の無い生徒が皆無なのも、本校がいかに優れた生徒集団の集まりかということを知ることのできた時間でした。

 

 

校長より

ps:

ご心配をおかけしましたが、体調も戻りつつあります。今後も相変わらずのご協力とご支援を賜りたく存じます。保護者、受検生の皆様方、様々な場面で上尾高校にいらしていただき、学校に対して忌憚のないご意見を頂ければと願っております。体調管理に留意し、折り返し地点から徐々にペースを上げていきたいと考えております。 

 

 

共に創りあげていこう 未来に向けて

令和5年度第2学期始業式校長講話

 

 みなさんこんにちは。

  暑い夏を乗り越えながら、皆さんとまた巡り合えた喜びは格別です。大過なく皆さんがまたここに参集していただけたことを本当にありがたく思います。二学期は多くの学校行事があります。クラス、団体、部活動の枠を超えながら、素晴らしい発表の場としてほしいと思います。

 今年度は、わがままを言って、同窓会にもお願いをしながら、上尾高校応援タオルマフラーを復活、作成をしました。教頭先生にお願いをして作ったのですが、文化祭の場で販売しますので、是非皆さん、またはご家族、お知り合いを含め、購入いただければ幸いです。手に取りながら上尾高校を心底応援していこうではありませんか。この夏の慶應義塾高校の応援、活躍の現実を目の当たりにして、皆さんはどのようにとらえましたか。野球のスタイルやありかたを考えること以上に、応援、母校愛という部分から感じ取れる何かがあったように感じます。

 また、同窓会にもお願いをして、資金を調達してもらいました。多くのOBや、OGの皆さんにご協力いただきながら、ホームカミングデイを成功すべく、同窓会を実施しながら、多くの卒業生の皆様に、ご来場賜りたく、準備していこうと考えています。

 皆さんも、伝統ある上尾高校のいずみ沸く母校への忠誠心を忘れることなく、卒業後も愛校心を持ちながら、生活して行こうではありませんか。

 三年生同様、私もこの三月で卒業となります。

 皆が集まり、皆で語り合い、皆でつくりあげる学校行事に、多くの方々が関心を持ち、互いに参画していることを忘れずに、この学期を過ごしてください。

校長より【第1学期終業式】

 

子を持つ親の思いとは 

 7月15日(土)、16日(日)と、さいたまスーパーアリーナにて4年ぶりに進学フェアが開催され、大盛況のもと幕を閉じました。3部構成で入場制限を設けながらも、多くの来場者があり、活気のあるイベントであったと感じました。上尾高校のブースも切れ間なく受検生とその親の姿が見受けられました。かかわっていただいた方々には厚くお礼申しあげます。

 もし自分が入試を経験する時期にこのようなイベントがあったら、親と一緒に会場に行ったであろうかと考えたら、自分の時代ではありえなかっただろうなと思いました。別に煙たがることでもなく、行動をともにしたくないと思うことでもなく。あのころ、自分のことは自分でやるということが当たり前であったように思えます。親の考えも一緒でした。保護者とブースを訪れる風景や、行動を共にする姿を見ると、真剣にお子さんの進む道を考え、後押しする気持ちが十分に伝わってきました。子を持つ親の気持ちとはまさにこのようなことなのではないのかもしれません。親の気持ちをしっかり受け止めながら成長する。過保護という概念は捨てて、成長期に甘えることも必要なのかなと強く感じました。 

 こんな私も一度だけ大きくありがたかった、親からの愛情を感じたことがありました。高校入試の発表の日、合格番号のボードを確認する道すがら、前方から歩いてくるスーツ姿の男性を見て、父親であることを確信しました。なんと父親は満面の笑みを浮かべ、ピースサインを出していました。「合格?」とすれ違いざまに聞きましたが、頷いたまま仕事に向かいました。普段ちっとも自分に向き合うこともなく、勉強しないことに腹を立て、怒鳴られてばかりいた父親が心配し、朝早くに受検校に来ていたとは、一緒にいた友人は笑っていましたが、妙にその時は恥ずかしい気持ちはなく、ありがたい気持ちでいっぱいでした。晩に家に帰り、感謝の気持ちと今後の決意を述べた事を覚えています。そんな父親も、四年前に他界しました。毎日仏壇にお茶を供えるのが日課です。なんでもう少し話し合えたり、怒られたりしてもらえなかったのか、今思えば、後悔ばかりです。 

 さて、「親からの厳しい愛」といえば真っ先に思い浮かぶのが、「獅子はわが子を千尋の谷に落とす」ということわざが思い浮かびます。子供が自立すべき時期がくると、母親が子に餌を与えず、または運ばないで自立を促す厳しい愛情行動に出るのは、ライオンから小鳥まで、例外がないようです。 

 これまで子ライオンに愛情をたっぷり注いで育てていた母ライオンが、子離れの時期になると、手の平を返した態度で子ライオンを追い払うシーンを撮った番組を見たことがあります。映画「キタキツネ物語」にも同様のシーンがあります。優しかった母ギツネが子ギツネを自立させる時期と判断すると、態度を急変させて子ギツネを追い払います。 

 母親の急変した態度の理由がわからない子供は激しく追いすがり、厳しい自然環境の中で子供の生きる唯一の道は突き放すことだと知る母親の子への牙は、時には死闘です。いつ親が食われるかわからない弱肉強食の世界で、子供が自分で狩りができなければ生きていけないと知っているのは親側だけなのです。このように厳しくしつけながらも、子の自主性を尊重し、生徒個で生活していく、自活する術を磨くという経験も成人前に持ち得ていく必要な力であると考えます。 

 人間社会ではここまで露骨なことはないと思いますが、いつの日か一度このように親離れする時が来ると思います。しかし自活することは全て親離れする事ではありません。生活の援助やアドバイスを聴きながら、将来的には親の面倒をしっかり見てあげることも必要です。

 いつまでたっても親は親、子は子であり、老いてきた自分と親を重ね合わせ、自分の人生を顧みる日がやってきます。私自身がまさにその時期に差し掛かっています。 

 進路を決める時期、向学心に燃え塾に通う時期、気候に合わせ、羽根を伸ばす時期、趣味に没頭する時期、恋愛の時期、まさにこの夏が自分を変える、変えてくれる、チャレンジする時期です。是非親に甘えられる部分は甘えながらも、将来的に恩返しができるよう、精一杯努力し、自活する力をつけながら、学校生活を悔いなき者とするよう、努力してみてはいかがでしょうか?

 「孝行する時に親はなし」、後悔する前にきちんと自分に向き合い、自己の成長を親御さんと共に喜べる、そんな学校生活を送っていただければと思います。

彩の国進学フェア終了

多くの受検生、保護者の皆様方におかれましては、上尾高校のブースにお越しいただき本当にありがとうございました。この後は、学校独自の説明会やオープンスクール、文化祭などの行事も実施することになります。是非上尾高校に足を運んでいただき、生徒の生き生きとした態様を確認していただければ幸いに存じます。

  

暑さ厳しくますます夏本番になりますが、お体に御留意され、学習に集中していただければと思います。上尾高校で皆さんの元気な姿を拝見したく、御来校を心待ちにしています。

校長

学校評価懇話会開催

13日(火)に学校評議員会の後学校評価懇話会を開催しました。

規制明けの学校生活について、生徒主体に発言をもらいながら、評議員の皆様から意見をいただきました。学校行事に対する意気込みや、全定、課程の垣根を超えた共同行事の開催実現など、前向きな意見や発想を聴くことができました。

  

  

次回は3学期に行い、年間の評価をいただきたく存じます。

よろしくお願いいたします。