進路活動

進路活動

小論文個別ガイダンスを行いました

7月9日(火)の放課後に視聴覚室で小論文個別ガイダンスを行いました。150名を超える生徒が参加をして、メモを取りながら話を聞いていました。今回の事前説明会では、小論文の個別指導を受けるにあたって何を準備するのかといった注意事項を説明をしました。

先生からは積極的に学習をする姿勢が大切だという話をしました。また小論文は何度も何度も書いて、やっと書けるようになるので、上達するまで諦めずに書き続けるように学習姿勢を伝えました。メモを取りながら、最後までみんな集中して話を聞いていたと思います。

小論文は書くこと以外にも対策や日々の情報収集がとても大切です。今回の事前説明会をきっかけに早めに小論文の準備に取り掛かって、みんなが望むような結果を出すことを願っています。

0

指定校推薦ガイダンスを行いました

7月8日(月)の放課後に柔道場で3年生を対象にした指定校推薦ガイダンスを行いました。151名が参加をして、指定校の出願条件や指定校推薦のスケジュールといった手続きについて話をしました。柔道場で暑い中、みんな最後まで集中して話を聞いていました。

まず一番初めに指定校推薦を受けるための基本姿勢について話をしました。先生からは指定校推薦は受かったら終わりではなく、その後も学び続ける姿勢が大切だという話をしました。
そもそも学び続ける人だからこそ、高校の代表として推薦することができます。学校の代表として恥ずかしくない態度や姿勢を心掛けてほしいと思います。

また指定校推薦は細かい手続きが多いです。今まで積み重ねてきた3年間の努力を無駄にしないように分からないことは早めにしっかり調べたり、進路指導の先生に聞いて、間違えないようにしてください。

3年間の努力が結果に繋がることを切に願っています。

0

第1回面接ガイダンスを行いました

6月25日(火)に第1回面接ガイダンスを行いました。171名が参加をして面接の基本動作や、面接を受けるにあたっての姿勢について学びました。外部講師の奥先生を招いて60分しっかり行いました。

奥先生からは、第一印象が面接に与える影響や、志望理由(動機)は必ず聞かれるので特に気をつけて準備すること、といった具体的なアドバイスをたくさん教えてもらいました。

またガイダンスの後半では、実際に面接を受けるところを想定してペアワークの実践練習を行いました。初めは上手く行かない動作も練習を繰り返すことで最終的にはみんなできるようになりました。

今回の面接ガイダンスでは、あくまで面接を受けるための基本を学んでもらったと思います。でも面接はここからが本番です。何度も自分で受け答えを考えて、直して、また練習して、見返して・・・・何度も反復して練習をする必要があります。

必ず先生に相談して、面接の実践練習をして下さい。

みなさんの面接の結果が望み通りになるためなら、先生は全力でサポートします。

教師一同、みんなの練習相談を待っています。

0

看護医療ガイダンスを行いました

5月15日(水曜日)の放課後に1・2年生を対象とした看護医療ガイダンスを行い、46名の生徒が参加をしました。ena看護大宮校校長の小宮山様が講師となって、職種の理解、各種学校の違い、適性など幅広い話をして頂きました。

講師からは、専門職を目指すにあたって自分の適性を知ることが大切だという話がありました。そのためにも早い段階で目指す仕事を体験して、仕事が自分に合っているのか確認しなければなりません。
まだ時間はあるから・・と油断をせずに早めに調べて職業体験の機会を活用しましょう。

また専門職の資格に合格することは難しい、という話を講師の実体験を元に話してもらいました。大学を留年をしてしまったり、他の仕事に就きたいと心変わりがあったり、専門職ゆえの難しさがあります。今から進学先や仕事の内容を調べて、自分に合っているのか、後悔しないようにしっかり判断してほしいと思います。

0

進路状況説明会を開催しました

5月11日(土曜日)に進路状況説明会を開催しました。400名を超える保護者の方々が参加して、多くの方がメモを取りながら真剣に講師の話を聞いていました。

講師からは上尾高校の大学進学実績や公務員と民間企業の就職実績の話がありました。

総合型受験か一般受験かによって目指す大学は変わってきます。自分の進路に合わせてどのように受験するのかあらためて保護者と話し合ってほしいと思います。

また卒業後の進路は、本人の意思や努力に加えて保護者の方々のサポートで決められます。自分だけで抱え込まずに、保護者と話し合って納得できる進路を実現することを願っています。

0