今日の上高

今日の上高

【#アオハルのむこうがわ】を見逃したみなさまへ…(中学生必見!!)

テレビ埼玉の公式YouTubeに、上尾高校が特集された【#アオハルのむこうがわ】の動画が更新されています。

  

 

 

上尾高校の良い雰囲気が伝わると思います!

 

ぜひご覧ください!

 

あっ、ぜひ「テレビ埼玉公式YouTube」のチャンネル登録、そして、この動画の「いいね」を押してくださいね!

 

(と、一度言ってみたかったので、言ってみた!)

 

なお、新型コロナウィルス感染症拡大防止に努め、テレビ埼玉の協力のもと撮影いたしました。

理科・実験 1年生・顕微鏡ガイダンス

理科・実験1年生普通科の生物基礎で「顕微鏡の使い方」についてのガイダンスを行いました!

今年度初の実験です!!

顕微鏡の各部の名称や使い方、使用上の注意をよく学び、顕微鏡が正しく操作できるようにすることを目的とした授業です。

上尾高校では1人1台の顕微鏡を使います。

 

中学校とは違い、光源やメカニカルステージがついているので、戸惑いながらも説明をよく聞いて操作することができました花丸

最後に、文字プレパラートを観察しました。

 

入室時の消毒から始まり、感染防止対策をしっかりした上で授業を行いました。

昨年度は実験がほとんどできなかったので、今年度はたくさんできると良いなぁと願っています星

 

 

【#アオハルのむこうがわ】の、むこうがわ

テレビ埼玉「マチコミ」内の新企画【#アオハルのむこうがわ】

 

生中継はご覧いただけましたでしょうか?

 

上尾高校の様子をテレビ埼玉で放送していただきました。

 

高校生応援企画という新企画の一発目が上尾高校でした!

 

とても貴重な経験をさせていただきました。

 

テレビ埼玉関係者の皆様、本当にありがとうございました。

 

撮影の”むこうがわ”の写真を何枚か載せますね!

 


左)アナウンサーさんと打合せ 右)本番中のむこうがわ~

 
左)体育教官室からの~テレビからの~むこうがわ 右)アナウンサーさんと練習中


左)かっこいいぜ!中継車! 右)第1部ラストシーン!(前後左右1m間隔はとっています。)


第二部終了後、アナウンサーさんとパシャリ!

初々しい1年生

1年生、入学おめでとう!!

 

先週は入学式、そして、高校生になって初のテストがあり、きっと疲れちゃったことでしょう…。

 

土日は少しリフレッシュできましたか?

 

今週はいよいよ1週間フルでいろいろと盛沢山!

 

体調管理も含めて、しっかりと上高生となっていきましょう!

 

今日は学科に分かれてオリエンテーションです。

 


 ↑ 一生懸命メモ!メモ! ↑

総合的な探究の活動オリエンテーション

4月12日(月)の学校の様子

 

3年生は学年集会で、進路についてのガイダンスでした。 ↑

 

同時刻には、2年生がGoogle meetを利用して各HRで総合的な探究の活動のオリエンテーションを受けています。

 


 ↑ 探究担当の先生が概要を説明しています ↑

 


 ↑ HRの様子 ↑

 

第64回入学式

令和3年4月8日、第64回入学式が行われました。

 

 

天候に恵まれ、素晴らしい入学式となりました。

 

ただ、HRでは、入学式ライブ中継の映像が見られないトラブルがあり、誠に申し訳ございませんでした。

 

第64期生の皆さん、どうぞよろしくお願い致します。

 

ようこそ、上尾高校へ!

 

リモートで世界とつながろう!

今回、新2、3年の有志を対象に、JICA埼玉デスクの矢田部さんを講師としてお招きし、中米のニカラグアとリモートで交流をしました。

矢田部さん自身、青年海外協力隊としての2年間ニカラグアに赴任された経験があります。

まず、いきなりニカラグアの公用語であるスペイン語であいさつ!緊張したけど、みんな頑張りました!

ちなみに参加してくれたニカラグアの方は日本語の先生なので、日本語はペラペラです。

前半部分は、ニカラグアの人たちがリモートで参加しながら、矢田部さんによるニカラグアの紹介や現地での活動報告を伺いました。話の合間に、ニカラグアの人たちに、「実際はどうなのか?」ということを現地の直の声で伺えたことがとても新鮮でした。

後半部分は、お互いの質問タイム!

「ニカラグアのポピュラーな手遊びは?」「日本に来たら何がしたい?」「日本語はどうやって上手になったの?」「今までどんな国に行った?その中で魅力的な国は?」「好きなアニメは?」

イロイロな質問が飛び交い、ニカラグアのこと、そして日本のことも、より理解を深めることができたと思います。

そして、今回は、上尾高校を卒業した大学生も3名参加してくれました!大学で学んでいる内容や、今の大学の様子も話してくれました。

海外のことや国際関係のこと、学んだり、関わったりすることが、少しでも身近に感じてもらえればいいなと思います。

また、なにより、今回の様々な人たちとの出会いや交流を楽しんでもらい、エキサイティングな経験になっていればいいなと思います。

いろいろと調整をしていたただいたJICAの矢田部さん、ありがとうございました!

真夜中に起きてくれたニカラグアの方々(時差15時間!)、ありがとうございました!

卒業生のみなさん、お手伝いありがとうございました!

そして、参加してくれた有志のみなさん、ありがとうございました!

 

さくら

校内に咲く満開の桜。

 

 

退職・転出された先生方、本当にありがとうございました!

 

転入された先生方!よろしくお願いします!!

性教育講演会を実施しました。

『思春期のこころと性~しなやかにタフにこれからを生きるために~』

 3月17日(水)、『コンドームの達人』として有名な医師、岩室紳也先生をお招きし、講演会を実施しました。

    

               

「返事のできない男はモテないよ。どうしてだと思う?」

「君は男?どうしてそう言える?」

「フラれたらどうやってストレスを発散する?」

生徒たちとの軽妙なやりとりを混ぜながら、思春期の今の自分のこころと体にどう向き合い管理していったらよいのか、人とどう関わっていけば良いのか、これからの人生において直面する人生の課題への対処の方法を、ストレートな言葉で具体的に語ってくださいました。

 『ウイルスは、どこからどこへどうやってうつる?』

『2次元・SNSも否定はしないよ。でもリアルにも挑戦しよう』

『自立とは依存先を増やすこと、人とのつながりを増やすこと』

『人は話すこと・語ることでしか癒やされない』

『愛の反対は無関心』

『むいて洗って戻す』

 マイク1本からさらりと繰り出される印象に残る数々のメッセージ。コロナ渦である今とスマホ時代の若者ならではの生活をふまえた上で、人と顔を見て話すことの大切さ、現実に周りにいる仲間と集って語ることの大切さを改めて教えていただきました。

 しなやかにタフにこれからを生きるために、今日からさっそくできること、将来きっと役に立つこと、それぞれの心に残ったことと思います。

生徒も教員もすっかりひき込まれた岩室ワールド、スペシャルな75分間でした。

 

第2回 学校評議員会・学校評価懇話会

令和3年2月9日(火)に第2回学校評議員会・学校評価懇話会が開催されました。

 

学校評価懇話会では、学校評議員様4名に加え、全日制生徒会長・定時制生徒会長、全日制生徒4名・定時制生徒3名の生徒にも参加していただきました。

 

今回の懇話会は…

 

【チャレンジしていること・したいこと ~あきらめないこと コロナ禍の生活で見つけたこと~】

 

というテーマで、一人一人の感じていることを話していただきました。

 

全日制の生徒からは、文武不岐の校訓の体現の難しさを感じながらも、このコロナ禍において自主自律の気持ちでチャレンジしている生徒や自分の進路目標を堂々と宣言し、学習面の努力を継続している生徒もいました。

 

定時制の生徒からは、全日制と定時制の「全定合同イベント」の提案がありました。今後、生徒会を中心に動きがありそうですね。

 

評議員様からは、スマホの利用時間の多さが目立っている指摘を受けました。また、このコロナ禍のピンチをチャンスに変えて欲しいとの意見をいただきました。

 

およそ1時間の懇話会でしたが、全く時間が足りませんでした。

 

もっともっといろいろな角度から意見をいただき、上尾高校が変化を恐れずに前進していく学校になっていくようにしていかなければいけませんね。

 

コロナ禍の変化によって気が付いた「変化しなければならないこと」

 

コロナ禍の変化によって気が付いた「変化しないたいせつなこと」

 

非常に有意義な学校評価懇話会でした。

 

上尾高校の魅力は、駅近だけじゃないぞ!立派に発言できる生徒だっています!!

 

 参加していただいた評議員様、生徒諸君、本当にありがとうございました。