今日の上高

理科・実験 3年文系・化学基礎実験【中和滴定】

理科・実験3年文系の化学基礎の授業で「中和滴定」の実験を行いました!

中和滴定の操作方法や実験器具について学び、市販の食酢中の酢酸濃度を調べる実験です。

まずホールピペットを用いて食酢を10ml正確に測りとり、メスフラスコに入れて純水を加えて10倍希釈溶液を作ります。途中で空気が入ってしまい、口に入ってしまった生徒もいました(^_^;)

次に別の生徒が、その希釈溶液を10mlずつ3つのコニカルビーカーに測りとり、フェノールフタレイン溶液を加えて準備完了。0.1mol/lの水酸化ナトリウム水溶液を用いて滴定を行いました。

3回行いましたが、みんな回数を重ねるごとにコツがわかり、上手になっていきました。

それぞれの実験結果から、食酢の酢酸濃度を計算で求めました。

すべての班が3.9%。実際の食酢の酢酸濃度は4.2%なのでまずまずの結果になりました。

この実験は期末考査に出ますので、よく復習しておきましょう鉛筆