今日の上高

理科・実験 3年理系・化学演示実験【ルミノール反応】

理科・実験3年理系の化学の授業で「ルミノール反応」の演示実験を行いました!

今回は溶液を駒込ピペットで測り取り混ぜるだけの実験で、生徒から立候補者を募り、代表生徒に実験してもらいました。

まず、A液(ルミノールと水酸化ナトリウムの水溶液)とB液(3%過酸化水素水)をそれぞれ測り取ります。

ここまでやったら部屋を暗くして、先ほどの溶液に、C液(ヘキサシアノ鉄(Ⅲ)酸カリウム水溶液)を加えると、溶液が青白く光るのが見られます(ルミノール反応)。

*アルカリ性溶液中において,ルミノールを過酸化水素で酸化すると、青白く発光します。この反応をルミノール反応といい,ヘキサシアノ鉄(III)酸カリウムは触媒として働きます。

刑事ドラマなどでよく見られる、血液を検出するあれです!!(血液中のヘモグロビンも同様にルミノール反応の触媒となるため,この反応は血液の検出に利用されています。)

生徒からは「おー!」という声が上がっていました笑う