今日の上高

第1学年 人権教育~LGBTについて考える~




2月2日(金)LHRの時間に、第1学年はLGBTについての人権学習を行いました。
今回は、NHKなどの多数のメディアに出演されているNPO法人ReBitさんから2人の講師をお招きし、LGBT当事者のお話を伺いました。

LGBTとは、レズビアン(L)・ゲイ(G)・バイセクシャル(B)・トランスジェンダー(T)の略語であり、性的マイノリティの方々の総称です。
現在、LGBTに該当する方々は13人に1人と言われています(電通ダイバーシティー・ラボ調べ。数多くのメディアに取り上げられる機会が増え、社会的関心が高まっています。

第1学年では、1月12日(金)LHRで、LGBTの基礎知識を習得する事前学習を行いました。そして、この日、当事者の方々からお話を伺うことができました。講演は終始、和やかな雰囲気で進められ、お二人の趣味の話から始まり、今までの人生の歩みやそれぞれの場面で感じたこと、周囲との関係性など、様々なお話を伺いました。生徒たちは約1時間、熱心に話を聞いており、「LGBTについて身近に感じた」「意外と自分と変わらない」「自分にできることを考えたい」という感想を述べていました。