校長室だより

化学の実験

いつもは丁寧に手順を説明して行う実験ですが、今日は「指示書」を自分たちで読み実験をしています。

 9月下旬、私が化学実験室の前を通りがかると、化学の教員と実習助手の先生が、次回の実験の段取りを打ち合わせていました。たまたま通りがかった私は、お願いがあるのですが・・「詳しく説明せずに指示書だけ読ませて実験させてくれませんか?」と話しました。「社会に出れば、掲示物や趣旨説明だけで、あとは自分で考えて課題解決する」ことになります。「自分で考えて行動できるようにしませんか」最初は「えっ!?」という反応でしたが、最後は「わかりました」と引き受けてくれました。そのあと先生方は、実験の準備・手順・片付け・・、どれくらい時間がかかるのか、危険を伴う場面はないか、指示書の作り直し・・、きっと大変な苦労をかけたことと思います。ありがとうございました。実験当日は「班ごとに声を掛け合い、手順を確認しながら実験を進めていました。」結果は「成功!」でした。先生方も「できるものですね!」と改めて上尾高校の生徒の力を感じたようです。