校長室だより

令和4年度 第65回入学式 校長式辞

令和四年度第六十五回入学式 校長式辞

 

式辞

 

 本日はお日柄も良く、また多くの保護者の皆様方に御出席いただき、誠にありがとうございます。感謝申し上げます。只今入学を許可された上尾高校の入学生の皆様方、入学誠におめでとうございます。保護者の皆様方におかれても、感無量、ここまで育てられた御子息、御子女の成長を目の当たりにし、感慨深く思う気持ちを察すると、子を持つ親の気持ちとして、相通じるものがあると、感じざるを得ません。まさに本日の入学式、集う全員の気持ちを察して、ここに喜びと、明日からの高校生活全般に係る期待、希望を感じさせてくれます。

 さて、新入生の皆さんが抱く期待とはどのようなものでしょうか。我々公務員の使命は、期待にこたえ、皆さんの高校生活をより良いものに変えていく力添えをすることだと思います。私学の攻勢を目の当たりに感じている今、座して待つという姿勢では物事は変革していきません。ましてや次世代への教育に追随する大いなる変革に対応できる教育力を身に着ける。力強い学校経営を実現する高等学校でありたいと考えています。

 また、保護者の方々が期待する信頼、信用という部分にも真摯に向き合いながら、公教育ならではの先進的かつ迅速な対応を心掛け、お子様の成長を後押しできればと考えております。

 さて、本日午前中の始業式の中で私は、論語、「子曰く、人の己(おのれ)を知らざるを患(うれ)えず、己(おのれ)の人を知らざるを患(うれ)う」という一説を述べさせていただきました。どんなに自分の実績が顕著であり、自己満足していようとも、他者との共存無くして、また、他者の偉業や功績をたたえられねば、自己の成長は認められないという孔子の教えです。戦いに出向く武士が、敵を知らずして戦術を練ることが出来ましょうか。スポーツの対戦の中で、決戦に挑む相手を知らずして、どのような対策を考察できるでしょうか。相手あっての人生。互いに尊重しあいながら、自己の成長を感じることができる喜びは、高校生活で、なくてはならないものです。多くの友人をつくり、夢を語り合いながら、実現に向けた三年間をおくれるよう、今日から上尾高校生として前向きに生活していっていただきたいものです。

 結びに、本日のスタートを心にとめ、三年後の成長した自分の姿を心に描きながら、ひたすら、ただひたむきに努力する。上尾高校生としての誇りを持ちながら充実した高校生活を送ることができるよう、心よりお祈り申し上げます。校歌にも歌われる、あふれ出る希望は漲る力そのものであり、若い命の泉を潤すものなのです。

 共に、元気に、意気新たに学んでいきましょう。上尾高校は皆の、我らの母校なのです。

 

  令和四年四月八日

第二十四代校長  嶋村 秀樹