校長室だより

PTA進路講演会

 10月19日(土)PTA進路委員の皆さまにご尽力いただき「進路における保護者のサポート~働いて知る厳しい現実~」の演題で講演会を行うことができました。土曜日にもかかわらず120名を超える保護者の皆様にお集まりいただき、勉強になる大変貴重な時間を過ごすことができました。

 人生100年時代を迎えるにあたっては、AIや機械ができない仕事(「ゼロ」から「1」を生み出す仕事)ができるようにならなければいけない。そのためには「あいさつやマナー」「時間管理」「他の人とのコミュニケーション」などの基本行動ができることを当たり前にし、「多様な人との意見交換」や「意味を考えて行動する」体験を積みながら、「自己中心から多様な人々を意識した考え方」、「言われたことだけから自ら考えて動くこと」を実践できる人物に、自らを成長させる努力が必要であること。また、最後は人と人の間で仕事が完結します。相手の気持ちに届くよう心をこめなければいけませんと、お話しいただきました。

 私たちは、こうしたことができる生徒を育成できる環境や仕組みを、今以上に整えていかなければいけないと、改めて考えさせられました。