校長室だより

令和4年度 第1学期始業式 校長式辞

令和4年度第1学期始業式校長式辞

 

校長 嶋村 秀樹

 

式辞

 

 新たに令和4年度を迎え、心晴れやかに皆さんの前でお話しできること、心より嬉しく思います。このように対面でお話ができることは、自分にとっても歴史的な事のように思えます。皆さんは年度の変わり目を有意義に過ごされたことと思います。

 春は、別れと出会いの交錯する季節であり、この二つを経験することで、人は大きく成長していけるのだと思います。別れは辛いことですが、新たな仲間と出会える春、この奇跡の巡り合わせを大切にしていただきたいと思います。年始に私から、繋ぐこと、継承することの大切さをお話ししました。先輩から後輩へ、後輩はまた巡り合える新たな出会いの人々へ、襷を繋いでいける一年であってほしいと思います。

 さて、論語の一文にこのような言葉があります。

 

 「子曰く、人の己(おのれ)を知らざるを患(うれ)えず、

                 己(おのれ)の人を知らざるを患(うれ)う。」

 

 孔子曰く、「人が一向に自分を認めてくれないと嘆いてはいけない。 自分こそ他人の良さをわかっていないのではないか、 真価を理解できずにいるのではないかと、そのことを憂いなさい。」

 孔子の謙譲(けんじょう)の精神として知られている有名な論語の一文であります。

 誰でも人に認められたいし、認められれば嬉しいものです。しかし、一生懸命に仕事に打ち込んでいるし、決して人には負けないほど努力しているつもりだが、その割には報われない。そんなときに、つい愚痴をこぼしてしまうのが人情である。

 孔子は、自分の価値や能力を認めて貰いたいのであれば、まずは自分の周囲にいる優れた人物の価値を認めなさいと説いています。

 独りよがりの自分は、他人から見ても成長できぬ要因があります。何故相手の良いところを知り、相手を敬う気持ちを持たないのか?少しでもそのような気持ちになり、そのような行動ができれば、自分に対する評価も違ってくるのに全く惜しい話しであります。といったところでしょうか?

 今から7年ほど前、私が教頭でこの学校に赴任した一年目だったと思います。卒業式を終えた午後に、3年生の男子学生が、受験担当の先生に連れられて私のところに来ました。彼は泣いていました。「私は、第一志望どころか、ほとんどの大学が不合格となり、愕然としています。」「あんなに、努力したのに、全く歯が立たなかった。」「自分としては進みたくない大学に1校合格しただけで、仮面浪人しようと考えている。」「先生はどう思われますか?」と、堰を切ったように話し始めました。その大学名と学部を聞いて、私は、是非進んでもらいたい。大いに学ぶ価値のある大学と判断しましたが、彼は一度もその大学に足を運んだこともない。土地柄も、大学の雰囲気も、授業内容も全く調べていなかったのです。抑えとしてただ受験したのでしょう。私は入学し、勉学に励み、卒業することが最善と応えましたが、そのあとの彼の行動は全く分からずとなっています。もう、進学していれば、卒業し、就職をしている年代ですが、彼の消息は未だ不明です。

 結論、知らないのなら、最初から受験する必要はなかったのです。

 あの時、彼が自分の現状を素直に把握し、相手方に寄り添い、自らの智を傾けられたら、どのように変わっていたのか?自分が追い求める進路に対して真っすぐに立ち向かう事は大切であり、そのような考えもリスペクトしたいと思います。しかし、相手や敵を知ること。スポーツでも同じです。何故、敵情視察や、データ収集が必要なのか?最初から敗戦と思い戦う必要はないのです。勝てないと思っても相手を知ること、相手の行動や、実績を評価することで、己自身の成長が見込まれると思います。

 高等学校に所属することは、他人と共存することです。お互いに利己的な観念を捨て、互いに寄り添いながら、生活していける。そんな高校生活を送ることができれば、後悔や間違いのない3年間であれると思います。

 聞く、問う、語る。当たり前のことを当たり前に行いながら、これから先の1年、2年を有意義に過ごしていただければと思います。

 以上で私からの話を終了したいと思います。互いに、楽しく笑顔あふれる上尾高校生であることを心から期待するとともに、自己の頑張りの中で、結果を残していっていただければ、この上ない喜びです。

 以上で始業式の話しを終了させていただきます。御静聴ありがとうございました。