日誌

【ワンダーフォーゲル部】南部西部地区新人大会(大持山・子持山・武甲山縦走)

10月30日(日)から31日(月)の1泊2日で南部西部地区新人大会に参加しました。

〇10月30日(日)

13:00幕営地のあしがくぼキャンプ場到着、すぐにテントを設営しました。

山ではもちろん、普段から練習しているので、スムーズに立てることができました。

16:00NHK第2のラジオ放送を聞きながら、天気図を作成します。

作成した天気図を見ながら、明日の予報を考えます。

彼らは、「北の風 風力3/晴れ」との予報で、絶好の登山日和だそうです。

〇10月31日(月)

 3:45起床。すぐに朝食準備をおこない、その後テントを収納します。

 6:00出発チェック。大会用バスに乗り込み、出発地点である生川登山口(一の鳥居)に向かいます。

 7:40妻坂峠到着。ここは畠山重忠が愛する妻と会っていたというロマンあふれる伝説の残る峠です。

 8:50大持山到着。朝が早かったのですが、生徒たちは、みんな元気です。

 9:50子持山到着。予定時間よりも1時間早く到着しました。

11:00武甲山山頂到着。秩父の名峰の山頂から秩父市内はもちろん、日光・上越方面まで遠望しました。

13:40到着地である浦山口の土津(はにつ)園に無事到着。荷物をまとめて、本日の最終ミーティング。

大会責任者の所沢高校の長部先生から講話をいただきました。

今後とも上尾高校ワンダーフォーゲル部は、埼玉県の高校登山部のリーダーになれるよう、部員一同努力してまいります。