今日の上高

2014年2月の記事一覧

吹奏楽部定期演奏会

  2月27日(木)
 
 恒例の吹奏楽部定期演奏会が、平成26年3月21日(金)春分の日午後1時30分より「クレア鴻巣」で開かれます。
 
 部長の中村紘子さん(2-5、鴻巣北中出身)と定演実行委員長の高橋南さん(2-8、上尾東中出身)は、次のように意気込みを話してくれました。 
 「今年で44回目を数える上尾高校吹奏楽部定期演奏会ですが、毎年たくさんの方々にご来場いただいています。今年は、“Music Parade”をテーマに明るく楽しい演奏をご披露します。どうぞよろしくお願いします。」
 
 

租税教室

  2月21日(金)
 
 商業科2年生全員を対象に視聴覚室で「高校生のための租税教室」が開かれました。
 
 講義をしていただいた越川利明先生は、税理士として上尾市に事務所を持たれご活躍なさっています。また、上尾高校野球部OBで、甲子園にも出場されています。
 
 講義は、先生の高校時代の話から始まり、税理士の仕事や簿記の重要性、税金の話など多岐にわたり分かり易く解説していただきました。現在第一線で活躍されている卒業生の貴重なお話としてもうかがうことができ、高い志に向かう生徒の心に火をつけられたようです。
 
 2年8組鈴木圭太君の感想です
 「私は一番前の席で受講させていただきました。最初は緊張しながら聞いていましたが、話をお聞きするうちに内容の深さとおもしろさにのめり込み、あっという間の2時間でした。普段の授業では詳しく教えていただくことのない「租税」の話は、時事問題も含めた身近なところから国家財政や国際問題にまで及びスケールの大きさを味わうことができました。あらためて簿記の重要性を認識することができたことも大きな成果でした。今まで学んできた商業の知識をさらに高めていけるようこれからも商業科の一人として誇りを持って臨んでいきたいと思いました。部活動をやりきった後、税理士を目指した越川先生を見習い高校生活を過ごしていきます。」
 

 

雪景色

  2月10日(月)
 
 土曜日から日曜日にかけての記録的な大雪は、交通機関の乱れを引き起こすなど大学受験や高校の公式戦などに大きな影響を与えたようです。
 
 今朝の上尾高校もグラウンドは雪景色が広がっています。しかし朝早くから運動部の生徒たちが登校し凍り付いた雪を取り除くなど学校内外の通り道の整備を行ってくれました。
 
 
 県大会に出場したバレーボール部は、女子は残念ながら狭山ヶ丘の高さの前に1回戦敗退、男子は松山高校相手にフルセットの大激戦を制し2回戦に進みましたが、ライバル伊奈学園に破れ上位進出はなりませんでした。男女とも春に向けてチーム力を高め関東大会を目指します。
 
 
 

 

小論文対策

  2月7日(金)
 
 明日は大雪の心配が報じられていますが、寒いながらものどかな週末です。
 2年生全員を対象に、来年の、推薦入試・国公立2次試験・公務員試験などを念頭に、小論文講座が開かれました。視聴覚室で全員が講義に真剣に耳を傾け、簡単な実践問題に挑みました。2年生は入学以来、朝自習で時事問題を中心に小論文に取り組んできました。その実力を存分に発揮してほしいと思います。
 受験に限らず、大学のレポートやエントリーシート、そして社会に出てからも問われる表現力をさらに高めていきます。
 
 

トータルマラソン

  2月3日(月)
 
 2月から3年生が家庭研修となり、やや寂しくなった校舎ですが、上尾高校冬の体育の風物詩「トータルマラソン」が佳境に入ってきました。
 マラソン大会の無い上尾高校ですが、学校の周りを男子は42,195km、女子はその半分の距離を体育の時間で走破します。もちろんいっぺんではなくトータルでその距離となるわけです。目標タイムを設定し、それを目標に全員が一生懸命走り抜く姿はとても清々しいものです。