今日の上高

2016年12月の記事一覧

2学期終業式  表彰式には31人と1匹

2学期終業式
表彰式には31人と1匹

 本日、2学期の終業式を行いました。あわせて部活動等の表彰式と埼玉県教育局主催の「グローバルリーダー育成塾」の研修報告会を行いました。
表彰式には、来年度の全国高等学校総合文化祭に行く「陸亀」も登壇した!

 表彰の対象は、筝曲部、美術部、書道部、写真部、陸上競技部、バドミントン部、卓球部、男子バレーボール部、障がい者スポーツ(水泳)、税に関する作文、電卓コンテストで入賞した個人およびチームです。表彰の多さが上尾高校の現状を示しています。


持田亜美(2年)によるグローバルリーダー育成塾の研修報告

 「埼玉発世界行き」の一環として実施されている「グローバルリーダー育成塾」で、国内およびアメリカでの研修の成果を全校で共有しました。


PTAパトロールを実施しました。

  毎年、恒例のPTAパトロールをPTA生徒指導委員会の8名の方々と、教員の9名で、北上尾駅東口からショッピングモールを巡回指導しました。

  まずは、東口交番に挨拶     ショッピングモール内の各店舗を巡回指導

                        
   
           

2学年進路ガイダンス

2学年進路ガイダンス
30講座に分かれて進路学習

 本日、2年生の進路行事のため、13の大学、33の専門学校から講師をお招きし、2限目、3限目に、進路希望別のガイダンスを実施しました。2年生は各自が2つの講座を選択し、それぞれの進路での学習内容や受験情報、就職状況など貴重な情報収集を行いました。

 出席者が多かった上位5講座は、①東京経済大(経済・経営・商学系)60人、①新宿セミナー(看護・医療系)60人、③文教大(教育系)50人、④駒澤大(文学系)49人 ⑤立志舎(公務員)48人。

理科・実験 【化学実習】分子模型作り

理科・実験 3-3の化学の授業で、「1億倍の分子模型作り」を行いました!

先日、埼玉県高等学校理化研究会「実験実習研究大会」(教員向け)で行なわれた実習を早速授業に取り入れてみましたグループ
 
水素分子、酸素分子、水分子、二酸化炭素、アンモニアの材料を1班1セットずつ配り、みんなで手分けして作りました。
 

 
テストが終わり、ほっとした学期末の授業で、みんなで楽しく実習することが出来ました了解

校長先生の研修報告!

11月にドイツミュンヘンに1週間、産業教育研修に参加された曽根校長先生の研修報告会が行われました。ドイツの学校事情や本場のデュアルシステムについて、わかりやすく説明していただきました。近年ドイツでは移民の数がとてつもなく増加し、公立高校の中では、85%の生徒が移民で占めているという現状の学校が存在するということです。
イギリスのEU離脱などもその影響なのでしょうか?
ドイツでは小学校4年生で学習評価により、自らの進路を選択し、上級学校に入学するとのことです。その過程の中で、就業体験を含めたデュアルシステムが行われているそうです。埼玉県でもスーパーキャリアハイスクール構想など、新たな高校のスタイルが提唱されていますが、産業構造が激変している今日、どのような方向性になるかとても楽しみです。
最後に校長先生からは画一的な物の考え方から脱却し、複眼的視野で物事を見たり、考えたりする大切さについてお話があり、まとめとして、機会あれば是非、世界に羽ばたいてもらいたいというお言葉をいただきました。


     曽根校長先生の研修報告書のページへ

薬物乱用防止教室(講演会)開催!

本日体育館にて、薬物乱用防止教室が行われました。
講師は前埼玉県立高校教頭で、現在は尚美学園大学、日本体育大学、人間総合科学大学で非常勤講師をされている、片山昇先生に御来校いただき、長年にわたる研究の成果から、身近に潜む薬物の恐ろしさや、依存の恐怖など、実例を基に御講演いただきました。
大切に思う人のことを思いながら、絶対に手を染めてはいけないというお言葉。自分自身も誰かに頼りにされていることを忘れないことなど、薬物に対する恐ろしさが実感できる講演会でした。 
 

平成29年元旦を彩る上高箏曲部 TV撮影

平成29年元旦を彩る上高箏曲部
特別番組の撮影行われる!

2017 New Year は上高箏曲部で始まります。埼玉県議会のHPにも掲載予定

 3年連続で埼玉県代表として全国高等学校総合文化祭への出場を決めた箏曲部にテレビ出演の依頼があり、本日、柔道場での演奏の撮影が行われました。

番組名: テレビ埼玉 「こんにちは県議会です」の元日の特別番組「新春インタビュー」
放送日時: 平成29年1月1日 10:00~10:30
内 容: 県議会議長、副議長、各会派代表者へのインタビュー

柔道場での演奏を様々なアングルから収録。野球部の練習のかけ声は一時停止。

 箏曲部の演奏は、オープニングとエンディングの部分に、合計2分~3分程度放映されます。上尾高校および箏曲部の紹介のテロップも流れます。
 埼玉県の新春の顔は、上尾高校箏曲部の10人娘です。お見逃しなく!

教員志望者説明会もOB講演会!?

高校生のための教員志望者説明会
県教育局 教職員採用課 採用試験担当
坂口 修 様

 本日、県教育局県立学校部教職員採用課の採用試験担当、坂口修様を講師に招いて、教員志望者向けの説明会を実施しました。
 1年生5名、2年生17名、3年生10名が出席し、みな真剣に説明に耳を傾けました。3年生の中にはすでに大学の教育学部への進学が決まっている生徒もいます。
 説明会の冒頭、坂口さんがいきなり「まず1曲歌います」と歌ってくださったのは、
若い命の泉はここに~♪
 上尾高校校歌でした。

昨日(12月14日)のOB・OG講演会では終了後に全校で校歌を歌いましたが、
今日は冒頭に講師の方が校歌を歌ってくれました!!


 坂口さんは平成元年の普通科、バレーボール部の卒業生で、現職の前に小学校と中学校の両方の教職経験があるということでした。その経験などをもとに子供の発達段階に応じた教員の役割の違い、小学校、中学校、高校、それぞれの教員生活のやりがい・楽しさなどを分かりやすく説明してくださいました。
 加えて採用試験の問題例、受験者数・合格率等のデータなど、豊富な資料を提供してくださり、教職に興味を持っている生徒にとってはほんとうに貴重な説明会となりました。

車椅子バスケから学んだこと

車椅子バスケット競技を通して障害者スポーツを実感する

 今日、上尾高校の体育館には見慣れない光景がありました。
 車椅子バスケットボールの選手、指導者の方々に来ていただき、教員、生徒も競技用の車椅子で一緒に汗を流しました。


 ご指導くださったのは関東1部リーグの強豪チーム、埼玉ライオンズ所属で、関東車椅子バスケ連盟の強化指導員でもある森田俊光さん。加えて、ともに日本代表チームを経験している石原正治さんと土田真由美さんのトップ選手2名です。
 さらに、本校1年生で、23歳以下の日本代表メンバーに選出されたばかりの赤石竜我。赤石は年明けには国際試合の予定も決まっており、TOKYO 2020に向けてA代表入りが期待される注目選手です!

 この4名に混じってまずは教員代表メンバー、次に生徒代表メンバーが用意していただいた競技用車椅子(どれも1台数十万円)に乗って車椅子バスケを実体験しました。
 私ははじめて生でこの競技を見ましたが、スピードある攻守は見るスポーツとしても魅力的です。
 参加者はたった数分間のプレーで汗をたっぷりかいていました。終了後には全員で森田さんのお話しに耳を傾けました。
 障害の程度によって使用する車椅子の高さなどが異なること、車輪の回転を利用して片手でボールを拾い上げる技などを教えていただきました。車椅子バスケの魅力にはまった健常者のチームも多数結成されているそうです。
 最後の質疑応答で「日常生活で困ることは?」には、「下り坂、人混み、(車椅子の幅以下の)狭いところ」と答えてくださいました。上り坂もたいへんでしょうが、下りはもっと危険なのですね。

 来てくださった3人とも高校入学時には、普通の生活をされていました。その後、交通事故などで車椅子での生活に移行されたそうです。森田さんは事故後の絶望から車椅子バスケを知って希望を持ち、「できないことを数えるより、できることを数える」というパラリンピックの精神に触れて、現在の自分があるとお話しくださいました。
 赤石君も含めて4人の姿に共通しているのは、トップを目指して精進するアスリートのさわやかさです。

2年生 沖縄修学旅行中!

2年生は昨日、12月8日より3泊4日の日程で沖縄に修学旅行中です。
日米開戦(真珠湾攻撃)75周年の記念日の昨日、平和祈念公園で戦没者に哀悼を捧げました。
その様子は修学旅行に同行している「あいおちゃん」が写真入りでレポートしています。
あおいちゃん修学旅行同行レポート1