校長室だより

2019年10月の記事一覧

彩の国ビブリオバトル2019

 10月26日(土)彩の国すこやかプラザで「彩の国ビブリオバトル2019」が開催され、本校からも3年生が参加しました。県内の公立・私立高校の33名が参加し、6ブロックに分かれた予選を経て、各ブロックのチャンプが決勝戦でグランドチャンプを目指しました。

 5分間「おすすめ本」をひたすら紹介。その後2分間聴衆の質問に答えます。この本読んでみたら、きっといいよ。と聴衆をその気にさせることができるかどうか、思わず「読みたい」と思わせることができるかどうか。それを伝えることができるかどうかが問われました。

 本校生徒は「宇宙兄弟」を紹介。「宇宙兄弟」は、子どもの頃に、UFO(らしきもの)を目撃した南波兄弟が、月面を目指すことを誓いJAXAに通うようになる、そこから始まる物語です。

 思わず「心のノート」に刻みたくなるキャラクターたちの言葉の数々を紹介するとともにこの本の面白さを伝えました。特に宇宙船の中で「死ぬ覚悟なんていらねえぞ 必要なのは“生きる覚悟”だ」という言葉に心を打たれたと話していました。

 残念ながら本校生徒は決勝には進めませんでしたが、「伝えることの難しさ」を実感したようです。

 そういえば、「失敗を知って乗り越えたモノなら それはいいモノだ」なんて言う言葉もありましたね。自分の夢を妨害するのは、怠惰な自分という思いを「俺の敵はだいたい俺です」と表現したところや、「まずは音を出して 音を出さなきゃ音楽は始まらないのよ」なんていう言葉も、どこかにあったような気がします。

 

 前向きに挑戦したことは、それがたとえ不発に終わっても、そこには必ず収穫がある。その収穫は他でもない自分自身の心の中にあるはずだ。と私は思います。頑張れ上高生。

 

 スピーチについては、4月本校で行われた「新入生歓迎会」を思い出します。真面目な本校生は、わずか数十秒のスピーチも「間違ってはいけない」という意識が先行し、誰もが下を向き原稿を読んでいました。「そんなことでは思いは伝わらない、原稿を見ないで話しなさい」と言いいました。あれから半年。ビブリオに出場したこの生徒だけでなく、多くの生徒が原稿を見ずに数分のスピーチをするようになりました。時に言葉を忘れ、しばし立ちすくむこともありますが、多くの生徒が見せる「やろうと意識し努力する姿」に校長として生徒の成長を感じ、嬉しく思います。まだまだポテンシャルのある生徒たちです。能力が開花し伸びるよう私たち教職員も頑張ります。

PTA進路講演会

 10月19日(土)PTA進路委員の皆さまにご尽力いただき「進路における保護者のサポート~働いて知る厳しい現実~」の演題で講演会を行うことができました。土曜日にもかかわらず120名を超える保護者の皆様にお集まりいただき、勉強になる大変貴重な時間を過ごすことができました。

 人生100年時代を迎えるにあたっては、AIや機械ができない仕事(「ゼロ」から「1」を生み出す仕事)ができるようにならなければいけない。そのためには「あいさつやマナー」「時間管理」「他の人とのコミュニケーション」などの基本行動ができることを当たり前にし、「多様な人との意見交換」や「意味を考えて行動する」体験を積みながら、「自己中心から多様な人々を意識した考え方」、「言われたことだけから自ら考えて動くこと」を実践できる人物に、自らを成長させる努力が必要であること。また、最後は人と人の間で仕事が完結します。相手の気持ちに届くよう心をこめなければいけませんと、お話しいただきました。

 私たちは、こうしたことができる生徒を育成できる環境や仕組みを、今以上に整えていかなければいけないと、改めて考えさせられました。

  

沖縄修学旅行事前学習

 10月11日(金)沖縄へ修学旅行に行くにあたり、戦争当時沖縄に住んでいた方にご来校いただき、地上戦の様子などをお話しいただきました。戦争終了を知らないままガマに隠れていたところを米兵に発見され、外に出て一列に並ぶように促された時の様子やその時の心境は、私たちには想像もできないほどの恐怖を感じたことと思いますと生徒たちも話していました。平和の尊さとともに、平和のために米軍と共存する沖縄の皆様は、どのようなお気持ちでいるのか、大変考えさせられたようです。

 最後に、本校音楽選択者が三線と歌(「島人ぬ宝」「島唄」)でお礼をいたしました。

  

 青い海と白い砂浜、サンゴと魚、南国の美しい島に、癒しの時間を求めて沖縄に行く私たちですが、生徒が平和について改めて考えを深めるとともに沖縄で生活する方々の「島人ぬ宝」を見つけてくれるよう、そのような機会をつくりたいと思います。

 

調理実習

 

3年生の選択科目「フードデザイン」の授業です。主菜の「ハンバーグ」、ごはん、味噌汁に、各班で副菜やデザートなどの献立を事前に考え、今日は実際に調理しています。

男子だけのグループ、男女混合のグループなどがあるようですが、どの班も楽しそうに実習しています。しかし段取りと出来上がりには大きな違いがあるようです。下の写真を見れば一目瞭然ですね。

  

繊細さや盛り付けなどは、生徒の様子を見る限り、やはり女性の方が勝っているように思えますが、世の中の一流シェフには比較的男性が多いようです。シェフに男性が多いのは、ホルモンバランスと味覚との関係や労働時間など様々な理由があるようですが、調理や栄養士、食品関係の学校等に進む生徒には、男子も女子も、食の道を極めてほしいと思います。

 

1人、10人、20人

1人、10人、20人   

この数字は何でしょう?

 

 この日は教職を目指す本校卒業生の研究授業の日でした。3年生の選択授業で授業を受けている生徒は10人。普段は40人で授業を行っていますので超少人数授業です。教えているのは実習生1人。後ろで授業を参観しているのは本校の先生たち。10人います。映像もあとで反省会に使うのでしょう。教室に入れずに廊下から参観している先生が10人。教職を目指す卒業生のため20人の本校の先生が集まってくれました。

 いつまでも大切に思われている本校卒業生、幸せだなぁと感じた一日でした。